· 

ペンギンコラム「考え方の柔軟性が子どもを救う」

あなたは自分の考えが
100%正しい!!
と自信を持って言えますか?

どんな考えなのかにもよりますが
なかなか100%正しい!とは
言い切れませんよね。

どんなに正しいと思ったことでも
違う考えを持っている人はいるものだし

裏を返せば
絶対正しいとは言い切れないかも・・・
と自信がなくなります😞

そうなんです!!

世の中に100%正しいことなんて
存在しないのですね。

ある人には正しいと思えることでも
別の人から見ると正しいとは言い切れない。

物事や考え方はそんなものなのです😚

ただし、みんなが自分の価値観で
好き勝手やってしまうと
世の中混乱してしまうので

みんなを守るために
ルールやきまりが作られます。
法律もそうです。

ところが
そのルールやきまりに縛られることによって
苦しむ子がいるのならば

命に関わることや犯罪行為を除いて

柔軟性を持った対応をすることは
できないのでしょうか…?

たとえば「学校教育📔✏️」

義務教育だから…ということで
「とにかく学校には行かなきゃ」
という考えが多くの人にあります

しかし
『学校教育が合わない子』
『集団生活が苦手な子』
などにとっては

学校に行きにくいことを
マイナスに捉えてしまい
不登校を助長しているように思えます(><)

そもそもすべての子ども達の
学びを保証するための制度ですから
学べなくなってしまったのでは
本末転倒ですよね!

柔軟に考えれば
学べるのは学校だけではありません👍

フリースクールや適応指導教室の他、
調べればいろいろな施設がありますし
登校扱いになる施設もあります☺️

お子さんに合った場を探すのは
大変かもしれませんが

学びの場が広がる可能性があるならば
チャレンジしてみることも
決して無駄ではないはずです😌✨


他にも『宿題』📓

子どもの学びの理解度は
それぞれ違うはずなのに

みんな一律で同じ宿題が出たり

支援学級でさえ
子どもの実態に合わない宿題が出されている
様子が見受けられることがあります🥲


宿題を出す先生の立場からすると
大勢の子どもの担任をする中で
どうしても個々への対応が難しい、、
ということもわかります。

それぞれのご家庭で
『宿題』をめぐりどんなバトルが
繰り広げられているのか…
ということも見えません。

だからこそ保護者の方が
考え方を柔軟にして

お子さんに合った宿題を
担任の先生に提案・お願い
してみてもよいのではないでしょうか?

子どもは
興味あることや楽しいことは
どんどん吸収していきますが

イヤイヤやっても
ほとんど身につきません🫣

合わないことを
無理やり続けることで
結局勉強嫌いになってしまったのでは

学力を定着させるための宿題も
意味がなくなってしまいます🥲

提案が受け入れてもらえるとは限りませんが
お子さんのためにお願いしてみることは

結果がどうであれ
無駄なことではないはずです☺️

自分の経験や自分の価値観、
世の中の風潮や一般的な考え…

そんなものに囚われない、
柔軟で幅広い考え方を身につけていくことが

お子さんの未来を救うかもしれないと思うと
パワーが出ませんか☺️✨?

インスタグラムにも日々の活動の様子をのせています♪

一般社団法人ファーストペンギン
〒704-8191 岡山市東区西大寺中野881番地3【アクセス】

TEL: 086-942-0050(平日/10:30~18:30)
FAX:086-737-4804
Mail:sk@hokago-fp.org

ご相談だけでも大歓迎です!
気軽に電話・メールにてご連絡下さい。
お問い合わせはこちら