■スタッフ紹介


施設長 小林 佐江子


・軽度発達障がい児・親の会オンリーワン元代表

・Baby Yoga Associatesロディヨガ認定講師

・ヒューマンギルド社認定

 アドラー心理学 ELM勇気づけリーダー
 (Encouraging Leader's Manual) 勇気づけリーダーのための学習会マニュアル

・発達障害コニュニケーション指導者認定

・臨床応用コミュニケーション
 (コミュニケーション4級)


様々な面でサポートが必要な息子が20年前私のもとにやってきました。

この日から、すべてが葛藤の毎日でした。

この、支援の仕方で本当に大丈夫だろうか、将来自立できるだろうか…?等、不安や迷いの日々でした。

そんな中、学びの場へ足を運んだり、様々な出会いをいただいたりする中で、子育てのコツやアイデアを学びました。

 

1人ではない、仲間がいる。


皆で悩みや不安を共有することで私と子どもに笑顔が増えていきました。

わが子ができる事も増えていきました。

そんな中、息子が20歳になり子育ての手が離れてきた2017年の3月に、あるご縁で「放課後等デイサービス」との出会いがありました。

こちらを見学したときに、「これだ!」と思いました。
この場所でなら、私のこれまでの経験を活かし自分と同じ悩みを持ったママたちの役に立てるのではないかと思ったのです。

そこからはわが子の療育に関わる活動を共にしてきた母親仲間に協力を依頼したところ数名から賛同を得ることができました。
実際に発達障害児の子育てを経験したスタッフを中心として平成30年6月にオープンさせてもらえる運びとなりました。

 

皆さん、一緒に強い心を持ち、自立できる子供を育てていきましょう。


みか先生
管理者兼児童発達管理責任者

保育士


旭川荘にて、27年間障害者の方の、主に生活支援をさせていただいておりました。
我が子を授かってから、私自身息子と、どう関わったらいいのだろう、どうしてあげたらいいだろう‥と、子育てに悩み、孤独を感じていました。
そんな時、相談できるお母さん達や、たくさんの仲間ができて、安心して子育てができるようになりました。
当時の私と同じ不安を持ったお母さん達に、安心して子育てができる環境を作っていきたいと思っております。

大切な子供達一人ひとりに合った支援で、楽しく過ごせていただけたらと思っています。



市川先生

教員(日本体育大学卒)


私が園児だった頃の将来の夢は,「忍者」でした。「忍者」になるのを夢見て,木登り・坂道ダッシュ・川での水きりをしてよく遊んでいました。この頃に家庭用ゲーム機が普及していき,周りの友達がゲームの話ばかりしていました。しかし私の家庭ではゲーム一切禁止だったので,ゲームの話についていけず辛い思いをしたこともありました。当時,段ボールでゲーム機のような物を作ったりもしました。ゲームができなかった私は毎日のように日が暮れても外で忍者あそびをしていました。

ですが,ゲーム禁止だったこと過去にとても感謝しています。なぜなら, 人の神経系の発達は5歳頃に80%決まり,12歳をピークにほぼ100%決まるからです。幼少期にゲームをせず,外遊び・運動をしていたおかげで,その後スポーツや部活動でたくさんの仲間と思い出を作ることが出来ました。


子どもたちの一生に一度しかないこの発達時期に,ファーストペンギンでの様々な活動を通して才能を引き出し,成長を促す支援をしてまいりたいと思います。



かず先生
看護師(病院勤務15年・施設勤務8年)

 

・発達障害コニュニケーション指導者認定

・臨床応用コミュニケーション(コミュニケーション4級)

 

私の子育ては不安と困惑の連続でした。ここまで来られたのは、多くの人に支えられたおかげだと思っています。

子育てがひと段落つき、私たち親子を支えていただいた方々に感謝をし、そして今度は自分が支える側になりたいと思っています。

子育ての時間を親子で楽しく笑顔の多いものにしてほしいと願い、自分の経験したこと感じたこと積み重ねてきた知識を持って寄り添えたらと思っています。

 

また、子どもの体調管理は長年の看護師経験から私にお任せください



田口 貴春

D&Lスクール代表

 

 岡山D&Lスクールは発達障がい児や気になる子どもの学習支援を目的とした塾です。

25年の実績。

法政大学経済学部卒(教員免許社会科取得)

岡山大学大学院教育研究科・障がい児教育専攻修了


お母さんへ

 

当スクールで子どもさんに接しているときに常に願っていることがあります。
それは「自分の人生の主人公になってほしい」ということです。

それを実現するためのキーワードは、「考える力」です。

 

ある事柄に突き当たったときに、考える力がついていれば自分の考えで乗り越えることができます。

でも、その力がない場合、他人の言いなりになってしまいます。

それでは「自分の人生を生きている」ことにはなりません。

私のところへおいでの子どもさんを見ながら、これから先「自分の人生の主人公」になってほしいと切に願っているのです。

わかるために冒険しよう!

 

皆さん勉強は楽しいですか?

あまり楽しくないですか?

楽しくない人は、わからないからかもしれません。

一人一人にわかる方法があります。

皆さんわかった時の楽しさを求めて冒険していきましょう。

■ファーストペンギンが安心な理由

インチャイルドプロジェクト
(琉球大学 教育学部開発)
⇒ インチャイルドプロジェクトとは?

■インチャイルドとは■
包括的な教育を必要とする子どもの事です。
(診断を受けている子も受けていない子も学習上・生活上の困難があり支援が必要な子)

■インチャイルドプロジェクトとは■
インチャイルドレコード(※1)により、一人ひとりの子どもが抱えているニーズや課題を評価し、適切な教育的支援を行うための教育プランを提案します。
この教育プランを「学校」「家庭」「福祉施設」で共有し、お子さまの苦手を克服していきます。
※1はこちら

①子どもを大人の目線で見るのではなく、また、大人の作った枠ではなく子どもの枠で子どもを育てる。
②人は変化するという事を前提に、個人の「今」の「教育的ニーズ」を把握し、継続的支援を行う。
③人を取り巻く環境を整備する為に、教育や医療、福祉等の連携システムを構築する。

ファーストペンギンでは、インチャイルド指導士の資格を持つスタッフが、インチャイルドレコードにより、プランを作成し、お子さまが今必要なニーズを把握し、支援を致します。